新しく賃貸を借りたときにすぐに中などを見ますがこうしたときのトラブルについて書いていきます。

賃貸がこんなにあるからじっくり考えて
賃貸がこんなにあるからじっくり考えて

新しい賃貸に入居したときのトラブル

新しく借りた賃貸の部屋に引っ越したり部屋を使用したときに、実際に思い描いていた物と違っていたりするという事でトラブルになるという事があります。その代表例としてあげられるのがリフォームです。しかしこのリフォームの問題についても大家と借りる側の認識の相違という事があります。まず大家としてはリフォームもお金がかかるため出来るだけ安く抑えたいという事があります。いくら費用をかけても家賃は上げると入居者が集まらないためです。そのため最低限生活が出来る程度のリフォームでいいと考えています。しかし入居者からしてみると違います。

しっかりと新品の物を使ってピカピカの状態のもので明け渡してほしいという事があります。そしてある程度お金をかけても行なうのが大家の義務と考えているため、こうした見解の相違からトラブルの元になります。そのため契約の際にどこまでリフォームできるかということを大家や業者に確認した方がいいです。そして入居前に内見して確認した方がいいです。あとは故障したままの明け渡しという事もあります。多いのはコンセントや電気に水道という事があります。そしてそれを自分で業者を呼んで勝手に修理して後で領収書を送り請求するということがありますが、これもトラブルの物とになるため行なわない方がいいです。

関連サイト