一人暮らしの賃貸の物件だと空き巣に入られる危険性がありますが、入られないようにする方法について書きます。

賃貸がこんなにあるからじっくり考えて
賃貸がこんなにあるからじっくり考えて

賃貸で空き巣に入られないようにするために

1人で賃貸を借りて暮らしていると仕事のためなかなか家にいる時間というのは無いです。夜遅くに家に飼ってきて朝早く出かけるという生活が当たり前になりますが、このときに空き巣に入られてしまうという事があります。空き巣に入られて様々な物がなくなってしまったりする事もありますし、トラブルになってしまう事もありますのでこうした事を未然に防ぐという事が大事になります。そこでポイントとしてまずはドアがポイントです。このドアは賃貸を借りるときに新しいドアの鍵に交換するという事があります。これが古いままだと空き巣に入られてしまう可能性が高くなってしまうためです。

あとは窓についてもポイントがあります。必ず出かけるときには窓を閉めるのは当たり前ですが、それ以外に窓の鍵についても二重ロックできるようなものに変えたり自分でどこかで鍵を購入してつけていく事が大事になります。窓を割られての侵入も結構多いためこうした事も行なっておいた方がいいです。さらにポストも大事になります。合鍵をポストの中に入れておくのはもちろんダメですが、それ以外にポストに郵便物を入れっぱなしにしているとあまり家に帰っていないという情報を与えてしまいます。そのため空き巣に入られる可能性が高くなるため、ポストの中の郵便物は必ず全部処理した方がいいです。

関連サイト