賃貸を退去するときにどのような方法があるか分からないという人がいるためそれについて書いていきます。

賃貸がこんなにあるからじっくり考えて
賃貸がこんなにあるからじっくり考えて

賃貸の退去の方法について

現在借りている賃貸を解約するときにその手続き方法を詳しく知らないと後々のトラブルに繋がってしまうという事があります。そのため余計な賃料を払わないといけなくなってしまったりする事がありますし、慰謝料等の請求をされてしまうという事があります。そこでまず退去したい場合についてはその旨を通知する必要があります。これは実際に引越しをする一ヶ月前にはきちんと大家に伝わるようにしないといけないです。そしてただ口で言うだけではなくそれを書面にして送る必要があります。今の住所や名前に電話番号、いつに退去するかという事に新しい住所に敷金が返ってくる場合の振込先等を書きます。

これを書いて通知する事が大事ですがこれをどこに送るかという連絡先が分からない事があります。もし大家の連絡先が分かっていればそこに直接送ってしまえば問題は無いですがそれが分からない場合もあります。そのときにはその賃貸物件を管理している管理会社に直接送ってしまったら問題ないです。これをきちんと一ヶ月前までに行なえば問題は無いです。そして水道やガスや電話等の公共料金についても住所が変更する旨を伝えないと請求が古い住所に来るため注意が必要です。

関連サイト