借りている賃貸物件を退去するときに原状回復するとありますが、曖昧な部分が多いためこれについて書いていきます。

賃貸がこんなにあるからじっくり考えて
賃貸がこんなにあるからじっくり考えて

賃貸の原状回復について

賃貸を借りるときに必ず契約を行ないますがそのときに説明される物の中で原状回復という言葉があります。この原状回復は必ず説明される物ですが実際のところこれの意味が曖昧で分かりづらいという事があります。退去するときには綺麗にする必要があるのですがどこからどこまでをこちらで行なえばいいかについてですが、基本的には生活する上でメンテナンスを怠った部分については借主負担で行なわないといけないと言う事があります。シミやカビ等については事前に処理していれば発生しなかった物なのでこの場合については借主がきちんと対処しないといけないです。それ以外に床の傷や風呂やトイレの水垢等があります。

そして貸主の負担についてはどこになるかというと、家具等を長く置いていて出来た床のへこみといったところやテレビや冷蔵庫の裏の電気焼けだったり日焼けによるフローリングや壁の変色があります。これらは普通に生活していれば必ず起こるものなので、そういった物については貸主が費用を出さないといけないです。しかし最近では経過年数も考慮される事が多くなっています。これは同じ物を使っていても長く住んだ人と短く住んだ人とでは劣化の度合いも違ってきます。そのため住んだ年数に応じて費用が変わってくるという事もあります。

関連サイト