前にどんな人が賃貸に住んでいたか気になるか調査した結果、気になる人と気にならない人は半々という結果になりました

賃貸がこんなにあるからじっくり考えて
賃貸がこんなにあるからじっくり考えて

以前の賃貸の居住者がどんな人だったか気になるか?

自分が今度入る賃貸に、以前どのような入居者が入っていたか気になるかどうかをアンケート調査した結果、気になる人の割合が54%、気にならない人の割合が46%という結果が出ました。だいたい半々の結果という事になりました。以前にどのような人物が住んでいたかということは、部屋の使い方にも影響してきます。例えば、ヘビースモーカーの人が住んでいた賃貸部屋ならば、タバコの臭いが残っているかもしれませんし、壁や天井にヤニが残っている可能性もあります。ペットを飼っていたのならば、動物臭や爪による傷、粗相による汚れが残っている可能性もあります。こういう衛生面などを考えると、出来れば以前の入居者がしっかりと手入れをしてくれている人で、部屋を大切にしてくれている方が次の入居者としては安心です。気持ちよく使えるというのは、やはり大切ですからね。

逆に、たいして気にならないと答えた人は、大抵は自分が入居する時にはハウスクリーニングがなされているので、特別気にならない、特殊な事情がない物件である限り気にならないなど、それほど重要なポイントと考えないようです。つまり、どんな使い方にせよ最終的な掃除やメンテナンスの具合が大切ということになるようです。

関連サイト

  • 学生マンション探しは、食事付き、管理人付きなどのこだわり条件検索ができるここ!