賃貸を内覧するときには、気になる点があるのならば不動産会社に早めに相談すればクリーニングや修繕をしてもらえます

賃貸がこんなにあるからじっくり考えて
賃貸がこんなにあるからじっくり考えて

賃貸の部屋の具合を確かめよう

部屋探しをする時には、内覧をしておく方がその後の住み心地が良くなる可能性が高いです。賃貸物件を引き渡した後に不動産会社に相談しても、大抵の場合は対応してもらえないからです。なので、出来るだけ部屋の引き渡し前の内覧の時に気になる点があったらチェックしておき、相談を持ちかけてみるようにしましょう。部屋の汚れや傷の程度によっては、クリーニングでは済まない状態もあり得ます。引き渡した後になって細かい箇所が気になると厄介です。以前の入居者の使い方によっては、見えない部分で傷や汚れがある可能性もあります。ただ、こういったものもその後の修繕やクリーニングによっては取り除ける可能性があるので、早期発見、早期対応を心掛けましょう。

大切なのは、自分が入居する段階での部屋の具合です。判断する時はそのときになって困らない部屋になっているようにすることが大切です。それ以外の部屋の決め手のポイントとしては設備の状態、周辺環境の雰囲気、管理・メンテナンスの具合、立地、などです。また内覧する時にはわからないことかもしれませんが、以前の入居者が丁寧に部屋を扱っていると気持ちよく住めるケースが多いです。もしそうでなくても、不動産会社にクリーニングなどを相談することで解決できます。

関連サイト