賃貸住宅を少しでもお得に借りるには、需要が少ない時期に、築年数の経過した物件の金額交渉をすると良いでしょう。

賃貸がこんなにあるからじっくり考えて
賃貸がこんなにあるからじっくり考えて

お得に賃貸住宅を借りる方法

賃貸住宅を借りるならば、少しでもお得な条件で借りたいものです。特に初期費用必要な礼金や月々の家賃は、大家さんにとっては貴重な収入源ですが、賃借人の立場からすれば少しでも支払を安く済ませたい費用です。そこで賃貸住宅を借りる際には、大家さんが提示している金銭面の条件が少しでも安くなるように交渉をすると良いでしょう。しかし、賃貸住宅の需要が高い1月から3月の間や、人気のある地区の新築物件などは、交渉をしても安く借りることは難しいでしょう。大家さんもより良い条件で借りてくれるお客さんが他にいる場合には、交渉のテーブルについてくれません。

そこで狙い目は7月から9月の間の賃貸住宅の需要が激減する時期です。この時期に引越しをする人は少ないので、空室があれば大家さんはとても焦ります。大家さんの立場で一番困るのは空室ですので、空室を埋めるためには金額の交渉を受け入れてくれる可能性は充分あります。また周囲に築年数の新しい物件がある環境で、築年数がある程度経過した物件の場合も、建物の仕様に問題がなくとも人気が無い物件になる場合もあるので、このような賃貸物件も金額の交渉がしやすい物件です。このように賃貸住宅の需給を見極めて金額の交渉をすることで、お得に借りることが出来る可能性があります。

関連サイト