賃貸物件を探す場合には、敷金や礼金がどのような意味があるのか把握しておくことが大事であります。

賃貸がこんなにあるからじっくり考えて
賃貸がこんなにあるからじっくり考えて

賃貸物件の敷金と礼金について

過去に賃貸物件を探したことのがある方ならば、ほとんどの方が敷金や礼金について悩むことだと思います。それは、敷金や礼金があると、賃貸物件を借りる際の初期費用が結構高くなるからです。関東や関西などの地域によっても差はありますが、近年の賃貸物件の敷金や礼金の相場は、敷金に関しては2ヶ月で礼金に関しては1ヵ月と言う賃貸物件が多いかと思います。ここで、疑問に思うことがあるかと思います。敷金や礼金って、そもそも何で必要なのかということです。家賃だけでは駄目なのかと思っている方は、意外と多いのではないかと思います。それは、敷金や礼金の意味をよく知らないからだと思います。きちんと敷金や礼金の意味を把握しておけば、何で敷金や礼金が必要なのかが納得できると思います。

敷金は、入居する際に借主が万が一家賃を滞納した場合や退去する際の部屋の修繕費用に備えるための費用です。ですから、きちんとした正当な費用ですので、この費用が発生することはやむを得ないと思います。また、家賃の滞納がない場合や部屋を綺麗に使っていれば、退去する際に返還されるものであります。一方、礼金に関してこれは部屋を貸して頂いたというお礼の意味があり、こちらはあくまでお礼でありますので、後々返還されることはないです。