賃貸物件の敷金や礼金には妥当性があるのか、賃貸借契約をする前に確認しておくことが大事であります。

賃貸がこんなにあるからじっくり考えて
賃貸がこんなにあるからじっくり考えて

賃貸物件の敷金や礼金の妥当性について

賃貸を借りる際には、近年は敷金や礼金を一切取らない物件もありますが、そうはいってもまだまだ敷金や礼金を取る物件の方が多いかと思います。そして、この敷金や礼金というのは、家賃の1ヵ月だったり2ヵ月分だったりといった表現でされることがほとんどです。なお、ここで注意したいのが、駐車場代の問題です。この駐車場代ですが、借りた場合に普通は家賃とは別に請求されるものです。もし仮に駐車場代も含まれての敷金や礼金の計算になっている場合には、その賃貸借契約には問題があると思います。敷金や礼金は、純粋に家賃の何ヵ月分に相当するわけであり、そこに駐車場代の金額まで上乗せしてくるのは、法律的に問題があります。ですから、賃貸借契約する前に駐車場代が敷金や礼金に上乗せしている内容ならば妥当性を欠くので、即刻そこの不動産業者を利用しないようにします。

一方、敷金が通常の賃貸物件よりも高めに設定されている賃貸物件があります。それが、ペット可の賃貸物件であります。理由としては、補修費や清掃代が通常の賃貸物件よりも多くかかるため、どうしても敷金を高めに設定せざるを得ないのです。こういった場合には妥当性がありますので、敷金はよりかかることを受け止める必要があります。