一人暮らしの方の賃貸物件選びについてその具体的な方法や重要なポイントについて簡単に触れてみました。

賃貸がこんなにあるからじっくり考えて
賃貸がこんなにあるからじっくり考えて

一人暮らしの方の賃貸物件選び

一人暮らしに欠かせない住居選びですが、単に住めればいいというよりは安心して休息したり、食事したりできる場所でなければなりません。安易に決めてしまうのではなく、事前にできるだけたくさんの情報を集め、十分に吟味する必要があります。一度契約すると最低1年以上は暮らすのですから、後悔しないように選びたいものです。ここでその具体的な方法について簡単に触れてみます。

まず、最初に条件を決めることです。具体的な条件とは予算や住みたいエリア、利用したい駅、広さや間取り、必要な設備などです。この中で最も重要なのはやはり予算になります。他の条件は多少とも譲歩できるとしても、予算はむやみに多くすべきではありません。一般的には手取り収入の3分の1以下が望ましいとされています。賃貸ですから、収入が増えればさらにグレードの高い物件に引っ越すことができますのでここで無理は禁物です。

次にその予算をもとに住みたいエリアと利用駅を決めます。通勤する会社や通学する学校の所在地を基準に選択します。通勤や通学の目的地が郊外にあるなら、予算的にはそれほど問題にはなりにくいですが、都心部や人気エリアの場合は予算次第で広さや間取り、設備などのグレードもおのずと決まってきてしまいます。もし後者の場合、可能であれば数駅遠くても、安い物件にして広さや好きな間取りを優先したほうが快適に暮らせます。予算を第一に考えつつも、いろいろな条件を総合的に勘案して決めたいところです。

関連サイト